TOP > 認定研修施設
 
がん治療認定医として不可欠な知識,技能,臨床的判断,心構えを習得するための環境を提供する施設である。
この目的を達成するためには,適切な資料と設備が整っていることが必要である。
臨床環境としては,さまざまながん患者を入院,外来の両方で観察,管理する機会がなくてはならない。[がん治療認定医(歯科口腔外科)の研修プログラムに関しては歯科口腔外科領域のがん患者のみを対象とする]。また,研修者には,がんの自然経過,各種治療プログラムの有効性,悪い知らせを含めて患者に対して情報を伝える方法を学ぶため,急性ならびに慢性疾患患者の両者に対して、継続して責任を負う機会が与えられなければならない。
また、教育プログラムを行うためには,入院設備,外来診療設備,検査設備が適正に利用されるべきであり,それらがよく機能していなければならない。
認定研修施設資格の有効期限は、5年間です。
5年ごとに更新手続きが必要となります。
 
Copyright©2016 Japanese Board of Cancer Therapy. All Rights Reserved.