TOP > がん治療認定医 > 認定研修施設における研修期間と症例について
 
掲載 2011.04.28
更新 2013.04.30
がん治療認定医の申請資格のひとつに、 「認定研修施設において、本機構研修カリキュラムに基づくがん治療研修(通算2年以上のフルタイム研修、ただし医師国家試験合格後2年間の初期研修期間を除く)を修了していること」があります。申請の際は、担当医として経験したがん患者の症例20例の提出が求められます。
2013年度より、認定研修施設における研修期間(以下、認定研修期間と略記)および症例は 下記のとおり変更となりました。
  2013年度より施行
「認定研修施設に
おける研修期間」
として認められる期間


※週4日以上の
フルタイム研修
※初期研修期間は除く
認定研修施設において「その施設が本機構の認定を受けた日」以降に研修した期間

がん治療認定医申請者の在籍期間が2年以上であっても、認定研修期間が2年に満たない場合がありますので、申請の際はご注意ください。
各施設の認定日は認定研修施設一覧にてご確認ください。
提出できる症例

※初期研修期間は除く
認定研修施設において「その施設が本機構の認定を受けた日」以降に経験した症例

各施設の認定日は認定研修施設一覧にてご確認ください。
 

【お問合せ先】 お問合せは、E-mailにてお願いいたします。

日本がん治療認定医機構 事務局
E-mail: c-info@imic.or.jp

 
PDFデータの表示/印刷には
AdobeReaderが必要です
 
 
Copyright©2016 Japanese Board of Cancer Therapy. All Rights Reserved.